スリーナインコンサルティング株式会社スリーナインコンサルティング株式会社

募集は終了しました2016年07月13日(水) 開催「民事信託」を収益事業にするための実務を実例から解説!

2016年7月13日(水)“事例から学ぶ”不動産事業者のための「民事信託」実践講座を開催致します。【綜合ユニコム 主催】

民事信託の基本構造/資産家への営業方法/当事者の説得方法/
金融機関や税理士など専門家との折衝時の留意点と調整方法/
収益(仲介手数料+コンサルティング報酬)に結びつける仕掛け/
信託財産への融資(ファイナンス)契約実務における留意点/など、
民事信託を知識ではなく、実践するための実務ノウハウを学ぶ!
当セミナーPDFを閲覧

セミナー情報

講師
  • 青山誠司法書士事務所 代表
    一般社団法人全国相続鑑定協会 共同代表
    司法書士/相続鑑定士
青山 誠 氏
開催日時・会場
【2016年07月13日(水) 13:30~16:30】

東京ガーデンパレス
内容・タイムスケジュールI. 民事信託の基礎
――“民事信託で稼ぐ”ために知っておくべき基礎知識
1. なぜ民事信託は不動産オーナーにとって有用なのか?
2. なぜ認知症になると資産が凍結化するのか?
3. 「民事信託」と「成年後見制度」との比較
4. 民事信託の基本構造―そもそも民事信託とは何か?

II. 民事信託のプレイヤーと営業のポイント
――チームプレイで“Win-Win-Win”を目指せ!
1. 民事信託の実践に必要なプレイヤーは誰?
2. 民事信託の実践における各プレイヤーの悩みは何か?
3. 民事信託の実践における各プレイヤーの果実は何か?
●委託者・受託者を始めとした当事者を説得するには?
●金融機関や専門家との折衝時の留意点

III. 民事信託で稼ぐ方法
――資産管理・資産承継コンサルティングを実践する際の留意点
1. 民事信託の実践を目的化してはいけない
2. 民事信託の受注の次に何が起こる?
3. 民事信託の受注後に備えるべきこと
4. ダブルインカム(コンサルティング報酬+仲介手数料)を獲得するためのポイント

IV. 次世代の不動産オーナーを囲い込む民事信託スキーム
1. 受益者連続型信託で次世代を巻き込む
2. 受益者連続型信託の留意点
3. 一般社団法人を活用した民事信託スキーム組成時の留意点
●一般社団法人の設立方法からスキーム組成まで

V. 信託財産への融資(ファイナンス)は可能か?
1. 信託財産へのファイナンスの実態
2. 信託財産への融資における債務者は誰か?
3. 受託者固有の借入と委託者のためにする借入の違い
4. 融資契約実務における注意点

VI. 実例から学ぶ民事信託スキーム解説
――スキーム構築から実務上の留意点まで
1. 祖母の土地に孫がマイホームを建築する場合において、事前に土地を孫に信託して
マイホームを建築するためのスキーム
2. 高齢な父の持病悪化に伴い、娘が賃貸マンションを建築する場合において、
事前に土地を娘に信託してマンションを建築するためのスキーム
3. 中小規模の介護施設のM&Aにおいて、 すぐに合併・買収をするのではなく、
「裏帳簿」「隠れ債務」「従業員間など現場における諸問題」等をチェックするため、
買収側を受託者として株式を信託(信託期間3年)して信託期間中に精査を行ない、
問題なければ合併・買収を実施、解決不可能な問題が発覚した場合には、
信託を終了して合併・買収を断念するためのスキーム
4. 有価証券等金融資産の比重が大きいキャッシュリッチな夫婦が、夫の将来の体調変化に
備えて、柔軟な金融資産の運用ができるようにするために、妻を受託者として信託設定し、
日常的な処分については夫に指図権を設定するスキーム
5. 後継者候補が未だ決定していない中小企業のオーナー社長に急な体調変化が発生し、
緊急治療の必要がある場合、最悪のケース(死亡)を想定した自社株承継対策として、
受益者代理人に後継者指定権を与えて、後継者を保留するためのスキーム

VII. 質疑応答
受講料(税込)
41,040円
お申し込み当セミナーの申し込みは終了しました。
主催綜合ユニコム株式会社企画事業部