あなたのイイネ!を創造するー民事信託(家族信託)の専門家

内縁の妻が他界したら財産は実弟へ

  • HOME »
  • 内縁の妻が他界したら財産は実弟へ

遺産を承継した内縁の妻が他界したら、財産は実弟へ承継させたい

Aさんは長年連れ添ってきた内縁の妻Bさんと二人で暮らしています。
Aさんは子供がおらず、相続人となるのは弟のX一人だけです。
なお、内縁の妻Bさんには相続人がいません。

[本人のご希望]
Aさんは自分の亡きあと遺産はすべて法定相続人ではない内縁の妻に譲りたいと思っています。しかし、内縁の妻には相続人がいないので、次に内縁の妻が死亡すると自宅不動産を含めた財産は国庫に帰属してしまいます。
Aさんには仲の良い弟Xさんがいるので、内縁の妻が死亡した場合、その財産は弟Xさんに承継してほしいと考えています。
イメージ

[ポイント]
Aさんの「内縁の妻Bに全財産を遺贈する」旨の遺言がない場合、内縁の妻には一切の相続権がないので、弟Xさんが遺産を承継することになります。これでは、Aさんが心配している自分亡きあとの内縁の妻の生活保障の実現は出来ないことになります。
Aさんが内縁の妻Bさんに全財産を遺贈する旨の遺言をすれば、内縁の妻Bさんの生活保障はできますが、その後に内縁の妻Bさんが死亡した場合、Bさんが「Xに全財産を遺贈する」旨の遺言をしていないと、その財産が国庫に帰属することになってしまいます。また、Bさんがその旨の遺言をしていたとしても、心変わりして遺言を撤回することも考えられ、Xさんが確実に財産を承継できるという保証はありません。このようなケースでも、信託契約は生前に締結するため、できる限りAさんの希望を反映させた財産承継ができることも大きなポイントです。

[解決策]
1.AさんとXさんの間で信託契約を締結します。
2.AさんはXさんに不動産等の財産を託してXさんは受益者に「住まいの確保など」を担う旨を定め
3.Aさんの生存中はAさん、Aさんの死亡後は内縁の妻Bさんが受益者となり
4.内縁の妻Bさんが死亡したら信託は終了し、残余財産の帰属先に弟Xさんを指定します。
5.これにより、「自分亡きあとの内縁の妻Bさんの生活保障」および「財産承継」の両方の問題に対応することが可能となります。

イメージ

 

問い合わせフォーム

下記フォームに必要事項を入力のうえ、「送信」ボタンをクリックしてください。

問い合わせ内容(必須)

区分(必須)
法人団体個人

会社名

お名前(必須)

ふりがな(必須)

メールアドレス (必須)

ご相談やメッセージをご記入下さい。

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れ、[送信]ボタンを押してください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP