あなたのイイネ!を創造するー民事信託(家族信託)の専門家

後妻が他界したら自宅は前妻との子へ

  • HOME »
  • 後妻が他界したら自宅は前妻との子へ

遺産を承継した後妻が他界したら、自宅は前妻との子へ承継させたい

Aさんは再婚していて、後妻Bさんと暮らしています。
Aさんには後妻Bさんとの間に子供はいませんが、前妻Cさんとの間に子供Xさんが一人います。

[本人のご希望]
Aさんは、自分が死亡した後は後妻に自宅と一定の金銭を相続させたいと考えていますが、後妻が死亡したときには、自宅は後妻の相続人ではない前妻との間の子Xさんに承継してもらいたいと希望しています。
イメージ

[ポイント]
遺言により最終的にXさんに財産を承継させるには、
①Aさんによる「Bに全財産を相続させる」旨の遺言
②Bさんによる「Xに全財産を遺贈する」旨の遺言が必要です。
しかし、Bさんは遺言を撤回することが可能であり、Aさんの希望どおりXさんが確実に資産を承継できるという保証はありません。
また、信託契約はAさんの生前に締結するため、できる限りAさんの希望を反映させた財産承継が可能となることも大きなポイントです。

[解決策]
1.AさんとXさんの間で信託契約を締結します。
2.AさんはXさんに不動産等の財産を託しXさんは受益者に「住まいの確保など」を担う旨を定め
3.Aさんの生存中はAさんが、Aさんの死亡後は後妻Bさんが受益者となり
4.後妻Bさんが死亡したら信託は終了し、残余財産の帰属先に前妻Cさんとの間の子であるXさんを指定します。

イメージ

 

問い合わせフォーム

下記フォームに必要事項を入力のうえ、「送信」ボタンをクリックしてください。

問い合わせ内容(必須)

区分(必須)
法人団体個人

会社名

お名前(必須)

ふりがな(必須)

メールアドレス (必須)

ご相談やメッセージをご記入下さい。

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れ、[送信]ボタンを押してください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP