あなたのイイネ!を創造するー民事信託(家族信託)の専門家

妻が他界したら不動産は自分の親族へ

  • HOME »
  • 妻が他界したら不動産は自分の親族へ

遺産を承継した妻が他界したら、不動産は自分の親族へ遺したい

Aさんは先祖代々引き継いできた自宅・アパート・駐車場などの不動産の賃貸収入で生活しています。ご夫婦の間には子供がいないため、推定相続人は妻BさんとAさんの弟Cさんになります。

[本人の希望]
Aさんは、自分が死亡した後、妻に遺産をすべて譲りたいと考えていますが、妻がその後に死亡すると、Aさんの家系で先祖代々引き継いできた不動産は、妻の親族側であるDさんに渡ることになります。Aさんとしては妻が死亡したら不動産はすべて自分の親族である弟Cさんの家族に遺したいと希望しています。

イメージ

[ポイント]
遺言により最終的にXさんに財産を承継させるには、
①Aさんによる「Bさんに全財産を相続させる」旨の遺言
②Bさんによる「Xに全財産を遺贈する」旨の遺言が必要です。
しかし、Bさんは遺言を撤回することが可能であり、Aさんの希望どおりXさんが確実に資産を承継できるという保証はないのです。

[解決策]
1.AさんとXさんの間で信託契約を締結します。
AさんはXさんに不動産等の財産を託してXさんが受益者に生活費の給付等を担う旨を定め、Aさんの生存中はAさん、Aさんの死亡後は妻Bさんが受益者となり
2.妻Bさんが死亡したら信託は終了し、残余財産の帰属先にXさんを指定します。
これにより、「自分亡きあとの妻Bさんの生活保障」および「先祖代々引き継いできた不動産の承継」の両方の問題に対応することが可能となります。

イメージ

 

問い合わせフォーム

下記フォームに必要事項を入力のうえ、「送信」ボタンをクリックしてください。

問い合わせ内容(必須)

区分(必須)
法人団体個人

会社名

お名前(必須)

ふりがな(必須)

メールアドレス (必須)

ご相談やメッセージをご記入下さい。

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れ、[送信]ボタンを押してください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP